お風呂に浸かるだけでOK!代謝をあげる入浴方法でお腹を引っ込めよう!

女性にとって大敵のポッコリお腹。年齢と共にポッコリと出てきて、そしてなかなか引っ込まないととても厄介なもの。日常生活において簡単な方法でひっこめることができないかと考えてしいますよね。運動したり、食事制限をしたり・・・ほんとはとても重要なことだけど、意外と続かないという人も多いのではないでしょうか?

そこで簡単に取り組めるいい方法がお風呂なのです。お風呂は誰もが入るもの。特に女性の中にはお風呂での時間が一番リラックスできる時間と答える人も少なくありません。好きな入浴剤を入れて、好きな香りに包まれて尚且つお腹が引っ込んだら素敵なことですよね。

お風呂に浸かるということは水圧によって負荷がかかるため、短時間で効率よく引き締めることができます。また負荷はかかっても膝や腰などに負担がかからないのも魅力的ですね。それにお風呂に浸かるということはカロリーを消費するということです。1日の終わりに代謝をあげて消費カロリーをアップさせると、寝ている間も効果が持続すると言われとても効果的なんです。またお風呂にゆっくり浸かり体温をあげることは、眠りが深くなって疲れが取れやすい効果があるそうです。しっかり浸かって、疲れを取ったり、お腹をひっこめたりしたいですね。

ではお腹を引っ込めるために効果的な入浴方法を紹介します。お腹の脂肪が気になる人は脂肪燃焼に効果のある半身浴がおすすめです。半身浴は発汗作用がとても活発となるため、運動が苦手な人でも簡単に汗をかくことができます。お湯の温度は38℃から40℃にし、腰から下をぬるま湯につかるようにしまうしょう。20分以上浸かり、こまめに水分補給をしまうしょう。ぬるま湯につかることで、デットクス効果、脂肪燃焼効果、美肌効果が期待できます。

お風呂に浸かった状態で、息を吸う時はお腹を膨らませ、はくときはお腹をへこます腹式呼吸を意識するようにするとお腹周りの脂肪燃焼に効果的です。お風呂に浸かりながら、簡単に腹筋に効くエクササイズをするとさらに効果的ですが、面倒臭い、ゆっくりお風呂に浸かっていたいと思う人は、お腹周りの脂肪をもみだすようなイメージでマッサージすると脂肪が柔らかくなり、毎日続けることで痩せやすい身体にすることができます。ちょっと痛いくらいの力でお腹をマッサージするとポッコリお腹を改善できるでしょう。

お風呂にゆっくり浸かりながら、お腹をマッサージ。優雅に痩せれるっていうのが魅力ですよね。