無理なダイエットは便秘になる!下っ腹が引っ込まない原因とは・・・

なぜお腹が出るのか・・・。これは永遠のテーマですね。お腹が出る原因には食べる量が多いのが原因だったり、姿勢が悪く骨盤が歪み、内臓が正しい位置にないといった理由があげらます。そしてこれ以外にもストレスも理由の一つになります。なんでもストレスで片づけすぎじゃないと思われがちですが、過度なストレスは自律神経に本来備わった調子を狂わせ、脂肪を燃焼しにくい身体にしてしまいます。また中にはストレスからくるイライラで甘いものやご飯をついつい食べ過ぎてしまうという人もいます。その結果カロリーオーバーになりお腹が出てしまうのです。その上、ストレスで体が緊張して呼吸が浅くなると下っ腹の血流や内臓の働きがより一層悪くなってしまいます。ストレスにより身体のいろんなところに悪影響を及ぼしてしまうのです。

また他はスリムなのにお腹周りだけポッコリしている体型の人も多くいます。見た目は細いのに脱いだら・・・というような洋ナシ体型のの人です。夏に水着を着るために食事制限や運動をして痩せたのにお腹だけ引っ込んでいないなんて悩んでいる人はいないでしょうか?その原因には筋肉の低下があげられます。仕事の関係上デスクワークが多く、お腹の筋肉が少ないことから体重を支え切れなくなり、骨盤が歪み、お腹がポッコリしてしまいます。デスクワークで足を組んでいたり、片方にだけカバンをかけてしまうだけで骨盤は歪んでしまうのです。骨盤が歪んでしまうと便秘を引き起こす原因にもなります。腸に便やガスが溜まると下っ腹がポッコリと膨らんでしまいます。女性であれば妊娠出産の際に骨盤が開きます。産後しっかり骨盤を締めなければ産後、体に不調をきたしたり、体型を維持できなくなったり、また年を取った時に尿漏れなどの問題が発生することがあります。たかが骨盤と思っていると大変なことになるのです。

また痩せたい、下っ腹をひっこめたいという思いから、脂質を全く取らないダイエットをする人がいます。しかし脂質は身体の潤滑油ともいわれており、身体の組織を柔軟に保つために大切なのです。そこを無理に摂取しないようにすると便秘を招いてしまうのです。一時的に体重が落ちたとしても、痩せにくい身体にもなりますし、体調的にも決してお勧めできません。

ポッコリお腹をひっこめるためにはお腹に筋肉をつけることが大切です。安易にただ単に体重を落とせばお腹も引っ込むと考えていると他のところに不調をきたしてしまいます。