あなたは脂肪はどのタイプ?脂肪が落としにく洋ナシ体型とは・・・・

お腹ポッコリに悩む女性も多いはず。他の部位はほっそりしているのに、お腹だけポッコリしている人も少なくありません。お腹のポッコリを改善すべくいろいろと試しているけど、なかなか改善しないと思い悩んでいませんか?

そもそもお腹の脂肪には2種類あります。

まずは体型が洋ナシ型の体型の人は皮下脂肪がついて下腹部からお尻から太ももにかけて太っている人のことを言います。女性ホルモンが皮下脂肪をためやすい体質なため女性の多く見られる体型です。特に皮下脂肪は消費されずに残ってしまったエネルギーが長い時間かけて蓄積されたものなので、落とすのに時間がかかります。

そしてもう一つはリンゴ型体型と言われ胸の下から腹部にかけて内臓脂肪がついている体型です。男性ホルモンは内臓脂肪をつき易くするため、どちらかと言えば男性に多い体型です。内臓脂肪は皮下脂肪とは違い、エネルギーにしやすいため比較的落としやすいとされています。内臓脂肪は生活習慣の見直しや簡単な運動で落とすことが可能です。

どちらもおお腹がぽっこりする体型ですが、落とす方法はそれぞれ違います。まずは皮下脂肪の落とし方について書きたいと思います。

皮下脂肪は先ほど説明した通り、落としにくいという特徴があります。まずはエネルギーを溜め込まないために摂取カロリーを制限することが大切です。自分の基礎代謝と消費カロリーを知り、消費カロリー以上に摂取しないことが一番です。自分がどのくらい、摂取して消費しているか、書き出すことが大切ですが、なかなか簡単にはできません。そんな人は置き換えダイエットをするのも一つの手です。1日一食だけ置き換えダイエットをすると他の時間は好きなものを食べても消費カロリーを上回ることはありません。今は置き換えダイエットをする人も多く、いろいろなメーカーがおいしい味のものを出しているので苦痛なく始めれるのが魅力です。

またもちろん適度な運動もすることも大切です。脂肪を燃焼させるためにはウォーキングやジョギング、水泳などの有酸素運動が効果的です。もちろん腹筋を鍛えることも大切です。腹筋を鍛えて効率よく脂肪を燃焼させることも、洋ナシ型のポッコリお腹を改善させる方法です。

落としにくいと言われている皮下脂肪を落とすには長く続けることが大切です。長い年月をかけて蓄積された皮下脂肪はそう簡単には落ちません。諦めず、出来ることから始めてみるようにしましょう。